気になるほくろを除去するにはどうしたらいいのか

ほくろ除去施術で見た目の印象を変える

どのくらいかかるのか

ドクターとナース

ほくろ除去の方法によっては治療が1回で終わる場合もありますし、治療に時間がかかってしまうケースもあります。そのため、治療を始める前に治療期間がどのくらいになるのかを確認しましょう。

Read

改善したい

レディ

シミやほくろは紫外線が原因となっていることがあります。シミはスキンケアなどで改善することができても、ほくろをスキンケアなどで改善するのは難しいと言えるでしょう。確実に除去したい場合は美容クリニックへ依頼するのが一番です。

Read

いくつかの方法がある

婦人

顔や体にあるほくろの中には生まれつきのものだけではなく、生活習慣が関係してできるものもあります。ほくろの色が薄いものもあれば濃いものもあったり、大きいものもあれば小さいものもあったりと、人によって形はそれぞれ違うでしょう。顔や体でも気にならない程度のほくろなら問題ないですが、目立ってしまうほくろは気になってしまいます。ほくろを除去する方法はいくつかありますが、効果的に取り除きたい場合は美容クリニックで施術を行うことができます。美容クリニックでは医師による施術を受けることができるため、安心して通うことができます。ですが、ほくろが気になる人のなかには、民間療法で除去しようと試みる人もいるのです。それでは、それぞれの特徴についてみてみましょう。

民間療法でほくろを取り除く方法はいくつかありますが、代表的な方法は除去専用のクリームを使用する方法です。専用クリームは主に3つのタイプにわかれています。一つ目は「漢方タイプ」。漢方は古代から病気を治したり、体調を整えたりすることに使用されており、天然成分でできた東洋の薬となっています。その漢方成分が配合されたクリームを塗り、徐々にほくろを除去していく方法となります。効果には個人差がありますが、約14日間ほどでかさぶた状態になるとされています。副作用は少ないと言われていますが、塗る際にしみる人もいるため注意しましょう。二つ目は「天然ハーブタイプ」。ほくろが除去されるまでには1ヶ月ほどかかるとされており、クリームを塗る際はほくろに傷をつける必要があります。そのため、傷をつけた場所からバイ菌などが侵入しないように注意しましょう。三つ目は「フェノールタイプ」。クリームにはフェノールである石炭酸が配合されていますが、皮膚に刺激が強すぎる可能性があります。刺激が強いと肌を傷付けてしまう恐れがあるので、使用する際は十分に注意が必要なアイテムとなっています。ただし、これらの専用クリームは日本では販売されていない商品となっているため、輸入品を取り寄せる必要があります。専用クリームを塗りほくろを除去する方法は家で行うことができますし、美容クリニックで受ける施術よりも費用を安く抑えることができるでしょう。ですが、何かトラブルが起こっても自己責任となるため、慎重に考えて行うことが必要です。

民間療法に比べると時間や費用はかかってしまいますが、安全で確実にほくろを除去したい場合は、美容クリニックで施術を受けることができます。美容クリニックではいくつかの施術が行われていますが、メジャーとなるのはレーザー除去です。専用の器械を使用してほくろにレーザーを照射する方法です。レーザーが照射された後は軽いやけど状態となりますが、その後にほくろが取れる仕組みです。ほくろはいろいろな形や色の濃さがあるため、施術が完了する時間は人により異ります。美容クリニックではレーザー治療だけではなく、メスを使用してほくろを取り除く方法もあります。人によっては傷痕がケロイドになることもあり、縫合が必要となるケースもあります。ですが、直接メスでほくろを取り除くことで、再発するリスクも抑えることができる施術です。美容クリニックでの施術に関しては保険が適用される場合と、保険が適用されない場合があります。費用を含めて事前に確認することが必要です。それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

これ以上増やさない

相談

ほくろは先天性のものだけではなく、後天性のものもあります。紫外線や生活習慣が原因でほくろができてしまうこともあるため、除去にかかる費用や時間を節約するためにも予防を行いましょう。

Read

保険が適用できるか

鏡を見る人

ほくろの除去は美容クリニックだけではなく、皮膚科でも治療を受けることができます。ですが、治療には保険が適用できるものと保険が適用できないものがあるため、費用が気になる人は事前に確認しましょう。

Read

TOP